JALの経営再建

JALの経営再建

まだ記憶に斬新JALの経営再建、これはアメーバ経営を採りいれて成功した結果ではないでしょうか?2009年のリーマン・ショックがとどめとなり、JALは2010年法人更生法適用を申請したのです、ですが翌年には黒字となり更に2012年には東京証券取引所第1部に再上場しました。これはX字復活と呼べるもので見事なものでした。

KCCSマネジメントコンサルティングの森田直行会長は稲森氏と共にJALの再建に乗り出した人物です、その頃を振り返りこう語っています。「法人更生法適用申請時の時のJALには利益の責務者が不在だった」仮に経営が苦しくなったらいざとなれば国が十分ではないがしてくれると言う甘え廃棄する事から改革が幕開けしたのです、その上収支報告期間の短縮や組織の細分化など次々と新しくしていき、黒字転換となったのです。

この回復には稲森和夫氏が関わっていると言う事は名高いですね、その上この復活劇の裏では稲森式のアメーバ経営法に会社総体を移り変わりさせる改革が有りました。