大企業である強者と中小企業である弱者

大企業である強者と中小企業である弱者

産業では広く使用が見込む事のできるな製品やサービスで、模倣戦略を一考する事が必須なのです。ランチェスターの法則におきましては、兵力がカギを握っていたのですが、これを法人経営や営業戦略に当て、大会社である強者と中小企業である弱者との戦い方へと応用されました。

私本人、味わってでユーザーと共に生み出した想いです。一般的に中小企業が大法人と産業争いをする場合には、圧倒的な兵力に差が出てきます。

ランチェスター戦略というのは、ランチェスターの2つの法則から成り立っている働き方革命です。実のところの産業においては、ターゲット層をとことん絞り込み、ニッチな領域にて戦いを挑んでいく方が有利となりますが、その一方で、大法人が中小企業に戦いを挑む事例には、ランチェスターの第二法則が適用されます。

つまり、各兵力がたった1人で何個かの兵士を攻撃する事が出来ないような状況に持っていった方が、中小企業が有利となる見込みが高くなるワケです。ランチェスターの第一法則におきましても、兵数が大きければ厳ついほど有利となりますので、できるな限り兵力を分散させ局所的な1対1の戦いに持ち込んでいった方が有利です。

ランチェスターの第一法則による戦い方をした方が圧倒的に有利となります。