もちろん負の部分も存在

もちろん負の部分も存在

稲森式アメーバ経営は多彩な業種の会社を復活させてきました。けれども優良面ばかりではなくアメーバ経営の元祖京セラではその経営技術を中身告発本として出してしまう社員が現れて騒がれましたね。

かなり過酷な職場だったようで勤務、出勤時や社員の業務への心積もりなども記されていましたね、1人1人に経営責務を負わせるのは利益を上げはしますが数字にばかり目が行ってしまうと言う事も危惧されます。更にアメーバ刻みの経営の事しか頭の中には欠如社員が生まれたり、数字にばかり気が行って現実に重要な事を見失ってしまいます。

こんな会社は卒なく行く訳が有りませんね、言うに及ばない社員みんなが腹積もりたり意識する事は必須ですがその裏のところも経営者は知る必須が有ります。